Oeuflab News

2013年について


だいぶ前に年が明けていますが、本年もよろしくおねがいします。ちょうど一年まえ、下のような内容をブログに書いていました。

—————
今年やりたいこと。
ちゃんと自分で仕事を作っていきたいです。
もちろん、仕事をいただけるのは感謝していますが、
それに甘えて、待ちの姿勢になりたくないと思います。

自分で仕事を作るということは、世の中に必要なものを自分で見つけてきて、価値を感じてもらえるカタチにすることだと思います。今とこれから、世の中に必要なものとはなんだろう、と考えています。

今まで必要で、これからも必要なものは山ほどありますが、そこに自分が新たに参入するのはあまり意味がないかなと思っています。できれば、必要なのに未発達であったりうまく行っていないところに関わって、新しいカタチで世の中に提案してみたいなぁと思っています。
—————

そんな目標でスタートした昨年は、視察に参加したり、たくさんの人に会う機会が増え、作っていきたい仕事がはっきりしました。細かく上げるといくつかあるのですが、大きく「こども環境や緊張する環境に彩りや物語を加える事」をしていきたいです。こうした目標が見つかったのも、出会ってきたたくさんの人のお陰だと思います。

「デザイン」というのは本当は無くても良いゼイタクな物だと、思っています。デザインが良くなくても、そこで人は生きて行けるし、一緒に誰かといるだけで幸せにも楽しい気持ちにもなれます。だからこそ、あえてデザインを加えるのであれば、テーブルに置く花瓶や花を選ぶ様に、その場にふさわしくて、自然と人が集まってきて、和むデザインを加えたいと思います。不快だったり主張が激し過ぎたり、どう?面白いでしょう?かっこいいでしょう?と言っているのが聞こえる様なデザインは、なんとなく時代に合わないのではないかと思っています。いや、単純に私の好みではないだけです。

あんまり頭の中を整理して、説明しすぎると、粋じゃないなぁと最近学びました。見た人が直感的に、そういった気持ちを感じてもらえる様な仕事をしたいと思います。

色々書いていますけどシンプルに今年の目標は、最低でも5つ「こども環境や緊張する環境に彩りや物語を加える仕事」をやり遂げること、にしました。それらをきちんとウェブサイトで報告できるように頑張ります。

今年もたぶん、すごく楽しい一年になると思います。

January,18,2013

はがこどもクリニック_3

Works

はがこどもクリニック_2のつづきです。ロゴやキャラクターと同時並行でホスピタルアートのプランも進行していきました。 ホスピタルアートとは、クリニック内にアートを施すことであり、患者さんやスタッフのきもちを和らげることを目

September,13,2012

albusの記念撮影

Works

アルバス写真ラボさん「albusの記念撮影」のパンフレットの制作をしました。 (B5サイズ二折) 警固の筑紫女学院の角、ポストがあるところに、三角お屋根の真っ白な建物が見えたらそれがアルバス写真ラボです。1階の入り口付近

February,29,2012

まんぷくTAKANABE

Works

地方自治体・事業者・県内デザイナー・信用金庫が連携した、「地方創生地域づくりデザインプロジェクト」に参加しています。 公益財団法人日本デザイン振興会 地方創生地域づくりデザインプロジェクト 概要はリンク先でご確認いただく

May,26,2017

国際UD会議2012 九大UD

Works

第4回国際ユニバーサルデザイン会議2012in福岡の九州大学ユニバーサルデザインの展示ブースの計画と、パンフレットのデザインをしました。 「誰もが思いやりを持ち、すべての人にやさしいまち」として「ユニバーサルシティ福岡」

November,02,2012

じゅるじゅる

page Top