Oeuflab News

「デザインが届かない時間」


お知らせが直前になってしまいましたが、今年のDESIGNING?展の5/16にトークイベントに参加します。

「デザインが届かない時間」

コーディネーターの田北さん、スピーカーの青い月の中川さん、アルバスの酒井さんと一緒に「デザインが届かない時間」について話をします。

以前より田北さんのイベントや講演に参加して勉強し、酒井さんの活動や考え方を見習ったり、中川さんの作るものやことに感動したりしていたので、今回の機会をもらえたことが嬉しいです。と、同時に今の私が話せる内容とはなんだろうと、未だに頭を悩ませています。

そこにデザインが本当に必要なんだろうか?と、疑問に思いながらデザインの仕事をすることがあります。また、ここにデザインが必要なのに、と、思いながらも実現させる術が無くもがく時があります。活動の場を与えられてデザインするのではなく、自分でデザインする場を見つけ、実現させることをどうやって行えばいいのか、実際に今悩んだり、試したりしていることを素直に話せたら良いなと思っています。

そして、田北さん、中川さん、酒井さんのお話を聞けるのをとても楽しみにしています。

(以下DESIGNING?展サイトより抜粋)

デザイナーは、デザインが届いていない時間や場所に、
デザインを施す職能です。

でも時々、ほんとにそれでいいのかな?
と感じる局面に立ち会います。
デザインを施すこと、あるいはこれはデザインだ、
と言ってしまうことに、
違和感を感じることがあります。

「デザインが届かない時間」を敬うべきなんじゃないか、
デザインの良さではなく、
ふさわしさが大切なんじゃないか、
と頭をよぎることが少なくありません。

一方で、デザインとは○○だ、として
遠いところ(届かない場所)に
位置付けている人もいたりして、
もっと身近な営みなのに、と感じることもあります。

デザインを施したり、デザインを見たり、
デザイナーと出会ったり…
その時にぼくらが遭遇する「デザインが届かない時間」。

今回は、その時間に立ち会いつつ仕事をしている
デザイナーを交え、
語らう場をつくってみたいと思います。

デザインが身近な人も、そうでない人も。
みなさんの参加をお待ちしています。

スピーカー:
中川たくま(青い月/プランニングディレクター・デザイナー)
酒井咲帆(アルバス/写真家)
平野 由記(ウフラボ/グラフィックデザイナー)
コーディネーター:
田北雅裕(九州大学/まちづくりプランナー・デザイナー)
予約先=info@albus.in
料金=1000円以上
※1000円以上の金額は、子どもシェルター「ここ」を運営するNPO法人「そだちの樹」に寄付いたします。

2013.5/16(木)19:00〜21:00
場所 albus / 福岡市中央区警固2-9-14
定員 30名
TEL 092-791-9335

May,10,2013

いで小児科_ラフスケッチ

Works

いで小児科のホスピタルアートができるまで、です。段階的に提案しながら徐々に具体的な案になっていきます。 (写真1枚目)初期のラフスケッチです。全体イメージや、どこにどんなデザインをしようかなと来院するこどもたちや親を想像

November,16,2013

albusの記念撮影

Works

アルバス写真ラボさん「albusの記念撮影」のパンフレットの制作をしました。 (B5サイズ二折) 警固の筑紫女学院の角、ポストがあるところに、三角お屋根の真っ白な建物が見えたらそれがアルバス写真ラボです。1階の入り口付近

February,29,2012

ウメ山ウメ子

Works

2013年より道の駅たちばなにて販売されているウメのお菓子「ウメ山ウメ子」のロゴ、キャラクター、パッケージのデザインを行いました。 こちらは九州ちくご元気計画の一環で、厚生労働省の雇用創出プロジェクトです。(詳しくはこち

January,01,2014

リヴ動物病院

Works

2016年3月に福岡県糟屋郡に移転・新築されたリヴ動物病院様のロゴやサイン等のデザインを担当しました。 福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院 http://live-ac.com 以前手がけた福岡市西区の16動物病院様

May,19,2016

じゅるじゅる

page Top