Oeuflab Works

生き方のデザイン研究所

カテゴリー/

4月1日、一般社団法人「生き方のデザイン研究所」がオープンしました。今回私は、研究所のロゴやツール類のデザインを担当していて、今後も永く活動のお手伝いができればと思っています。

生き方のデザイン研究所の詳細をパンフレットより抜粋します。

//////////

生き方のデザイン研究所は、障害のある人もない人も「ともに」自分らしくイキイキと安心して暮らすことのできる社会の実現には、私たち1人ひとりが大切にされること、私たち1人ひとりが参加すること、私たち1人ひとりがつながることが大切だと考えます。

生き方のデザイン研究所は、「居場所」「役割」「つながり」をキーワードに、次の事業にチャレンジすることを提案します。
1 生き方デザイナー(講師)の出前
2 生き方デザインワークショップ
3 小規模共同作業所の運営
4 インクルーシブデザイン・サロンの企画・運営
5 ボランティアコーディネーター交流事業

[生き方デザイナー(講師)の出前とは]
行政、企業、教育機関、地域等を対象に障害の理解啓発を目的とした研修・講座をコーディネートします。
障害のある人が、地域の一員として、また消費者として生の声を届ける事で、自然にかかわることの出来る人が増え、サービスの質が向上します。その一つ一つの積み重ねが、誰もが暮らしやすい社会につながっていきます。
障害のある人と接し慣れた人が同行することで、適切な距離感と配慮のある行動のお手本を示すことができます。
特別扱いではなく配慮のできる人が増えることが、心のバリアフリーにつながります。

//////////

きっかけは、以前からインクルーシブデザインの研究をしている大学時代の恩師に生き方のデザイン研究所の代表である遠山さんを紹介していただいたことでした。おおらかで、明るい遠山さんの人柄と、これからの活動内容に惹かれました。

生き方のデザイン研究所では、事務所とサロンを併設していて誰でも気軽に遊びに行くことができます。(準備中)そこでの出会いを通して、新しい生き方が見つかり、よりイキイキと生活していってほしい、という研究所立ち上げの願いや思いを伺いました。誰かと誰かが出会うことで、新しい生き方を見つけ笑顔で生きて行く、そんなイメージでみどりとオレンジの人が肩を組み、にっこりしているロゴができあがりました。

3月31日にはオープニングパーティがあり、たくさんの参加者のみなさんと交流することができました。これからの研究所の発展と、そこから広がる色々なひとの新しい生き方、そして自分の生き方の行方がこれからとても楽しみです。

生き方のデザイン研究所
北九州市小倉北区大門1-5-1-707
西日本工業大学地域連携センター7F
Tel.093-953-6809
Facebook(いいね!お願いします)
<正会員・賛助会員募集中>

(写真上)
オープニングパーティの様子
(写真中)
点字の打ち方とメモについて話を聞く
(写真下)
もっこり浮き上がるプリンターで印刷されたロゴ
(画像下)
いっぱいつながっていきますようにポスター

April,01,2013

CI&D:ウフラボ

久保薬局

Works

佐賀県内に7店舗の薬局を展開している、久保薬局様の、リ・ブランディングの提案を継続しています。 くぼ薬局 http://kubo-pharmacy.co.jp 2年ほど前に、薬局内のキッズスペースのご相談で最初のご連絡を

May,29,2017

まんぷくTAKANABE

Works

地方自治体・事業者・県内デザイナー・信用金庫が連携した、「地方創生地域づくりデザインプロジェクト」に参加しています。 公益財団法人日本デザイン振興会 地方創生地域づくりデザインプロジェクト 概要はリンク先でご確認いただく

May,26,2017

井上皮ふ科形成外科

Works

2016年11月1日に福岡県大野城市に開院した井上皮ふ科 形成外科様のロゴやツールのデザインを担当しました。 井上皮ふ科 形成外科 http://inouehifuka.com もともと西鉄下大利駅の目の前に、お父様の代

January,04,2017

はらぐち耳鼻咽喉科クリニック

Works

2016年9月1日に福岡市中央区笹丘に開院したはらぐち耳鼻咽喉科クリニック様のロゴやツールのデザインを担当しました。 はらぐち耳鼻咽喉科クリニック haraguchi-jibika.com 初めてお会いしたときから、「笹

October,13,2016

じゅるじゅる

page Top