Oeuflab Works

まんぷくTAKANABE

カテゴリー/ , , ,

地方自治体・事業者・県内デザイナー・信用金庫が連携した、「地方創生地域づくりデザインプロジェクト」に参加しています。

公益財団法人日本デザイン振興会
地方創生地域づくりデザインプロジェクト

概要はリンク先でご確認いただくとして、この第2弾プロジェクトとして、宮崎県児湯郡高鍋町が舞台となり、新商品ブランドの開発が行われています。地元高鍋の自治体、信用金庫、事業者と宮崎県内のデザイナー(現在は7名)が集い、昨年11月から商品とブランドの開発が本格始動しました。

声をかけていただいたのが2016年の秋口で、福岡より宮崎に戻り、ようやく仕事の再スタートがきれたところでした。同業種の友人、知人もほとんどいない時期だったので、本当にありがたいタイミングでした。

数回のミーティングや、高鍋町とそこに住む事業者さんの営みの見学を経て、この町の良さとは何だろうということを、チームのみなさんと話し合いました。山も海も美しく、県内でもっとも小さい町であること、そういった環境面も特徴的で素晴らしいのですが、私たちが心を惹かれたのは「町の人々のやさしさ」でした。ごく自然に距離が近い、声をかけてくれる、受け入れてくれる。それは「児童福祉の父 石井十次」氏の育った町であることも、大きく関係している様子でした。

高鍋町ならではの、人柄の良さ、おもいやりの部分をブランドを通して発信できないか、そんな思いから、石井十次さんの言葉を借りてブランド作りを行うことになりました。

日本で初めて孤児院を創設した石井十次は、孤児教育を通して独自の教育法「岡山孤児十二則」をつくりだします。私たちはその中でも「満腹主義」というものに注目しました。十分な食事を与えることによって、こどもたちの精神の安定を促すこと、つまりは「お腹を満たすことで、心も満たす」。その考え方は現代にも通じるものがあり、飢餓の状態に限らず、作り手の気持ちがこもった食べ物や商品を手に取り、取り入れることが、気持ちをおだやかに、健やかにする。そんなストーリーのブランド「まんぷくTAKANABE」を立ち上げるに至りました。

複数のデザイナーが関わるプロジェクトなので、それぞれが得意分野を生かした役割分担をし、私はロゴデザインと、ロゴに関わるツールや販売空間などの提案を主に担当しています。2016年12月にブランド名とロゴの発表、2017年3月に新商品群発表、4月にお披露目会を行いました。

また、高鍋の事業者さんとチームを組み、新商品開発も行いました。こちらでは「河野製茶工場」さんと組み、新しいお茶のブランドとパッケージデザインを担当しています。(詳細は別記事にて後日)

これから数年かけて、このブランドを育て上げ、地域に根ざし、全国に知ってもらえるような取り組みを行っていきます。

まんぷくTAKANABE ウェブサイト
まんぷくTAKANABE Facebookページ
まんぷくTAKANABE DJN紹介記事

画像1)まんぷくTAKANABEロゴ
お腹が満たされたような「ま」と、やわらかくのびやかな印象の文字を。商品群の個性を後ろから支えられるように、シンプルで控えめながら、ブランドイメージが湧きやすいロゴを目指しました。

画像2)プロジェクトチーム
事業者さんと、デザイナー。4月のお披露目会の一場面です。海の見える丘の上の小屋で、80人以上のお客さんに新商品がふるまわれました。

画像3)まんぷく屋台
チーム全員(家族含む)で手作り。催事や、公園や、ゆくゆくは県外にも、屋台と共に商品をお届けします。事業者とデザイナーとお客さんをつなぐ、楽しいツールです。

画像4)コフンノミドリ
このプロジェクトで担当したお茶のブランドデザイン。制作裏話もいっぱいです。詳細はまた別の記事にて。

画像5)高鍋、桜祭りにて
初めての商品販売。桜の木の下で屋台を広げ、自分たちの手で販売しました。

画像6)お披露目会にて
それぞれの商品開発秘話を展示に。

May,26,2017

久保薬局

Works

佐賀県内に7店舗の薬局を展開している、久保薬局様の、リ・ブランディングの提案を継続しています。 くぼ薬局 http://kubo-pharmacy.co.jp 2年ほど前に、薬局内のキッズスペースのご相談で最初のご連絡を

May,29,2017

全国発酵食品サミット

Works

「全国発酵食品サミットinたかしま」のキャンペーン広告のロゴデザインとキャラクターデザインをしました。 全国発酵食品サミットは毎年全国各地で行われる、未来に向けて豊かな発酵文化の継承と発展を目的に開催されるイベントです。

December,25,2013

第13回 坊っちゃん文学賞

Works

坊っちゃん文学賞 夏目漱石著の「坊っちゃん」の舞台となった愛媛県松山市が主催する2年に一度開催される、文学賞。他の芥川賞や直木賞とは違い、アマチュアからの応募が多く間口が広い文学賞ながら、「がんばっていきまっしょい」や「

March,29,2013

マイング お歳暮フェア

Works

昨年2012年のお仕事です。 博多駅のマイングのお歳暮フェアのイメージです。他店より少し早めにスタートしたお歳暮フェア。早めに予約すると特典が!マイングのイメージカラーのレッドと、水引きをマインちゃんのまわりにぐるりと巻

January,21,2013

じゅるじゅる

page Top