2022
Atelier Sanbi Exhibition アトリエ三美 作品展2022

えをかくことは みつめるちからを やしなうこと

アトリエ三美 作品展2022 Atelier Sanbi Exhibition

えをかくことは みつめるちからを やしなうこと

宮崎市内の子ども向け絵画教室「アトリエ三美」さまの子どもたちによる作品展「アトリエ三美作品展2022」のフライヤーのデザインをしました。

アトリエ三美

開催当日には小学生を中心とした23名の子どもたちの作品がずらりと展示されました。会場はなんと、クラブハウス。DJブースと一緒に、2フロアにわたって階段、天井、床、窓ガラスの全てを使った展示方法は圧巻でした。BGMや室内の香りにまでイメージが行き渡っていて、子どもから大人まで同じ様に感じて楽しめる作品展でした。

フライヤーの打ち合わせで初めて子どもたちの作品の現物を見た時、その多様さとエネルギーに感動しました。誰一人同じ作品はなく、手法もテーマもモチーフもバラバラ。その子自身の「やりたい」を真正面から受け止め促す、寺本先生と教室の様子が目に浮かびました。

そんな素敵な作品を存分に活かせる様に、フライヤーのデザインでは1点づつ作品を撮影し、相乗効果で魅力的に見える様にレイアウトを工夫しました。子どもたちの作品以外は、存在を抑え、引き立てることを意識しています。

コンセプトワードは文化芸術に造詣の深いOguraさんによる文章。「えをかくことは みつめるちからを やしなうこと」アトリエ三美さんが見事に翻訳されています。

  • Clientアトリエ三美
  • Artアトリエ三美のみなさん
  • TextSatoshi Ogura
  • Design & Photoウフラボ